ロゴ画像

03-6427-1827

受付時間 9:00 - 18:00

目白駅徒歩1分!駅至近!専用階段ありの店舗物件

close image

物件概要

この条件に似ている物件

豊島区の周辺情報

豊島区ってどんな街?

豊島区は、新しいオフィスビルや商業施設が立ち並ぶ一方で、文化施設や公園も多く存在するバラエティ豊かなエリアです。池袋はショッピングモールやエンターテインメント施設が集まる大きな商業地区であり、多くの人々が訪れるスポットとなっています。また、区内には住宅エリアも広がっており、地元の住民が利用する飲食店も多いです。
豊島区での開業を成功させるためには、地域の特性を理解し、多様なニーズに対応できるお店作りが求められます。新しいトレンドを取り入れたお店や、地元の住民が日常的に利用するアットホームなお店など、豊島区の多様な文化に合ったコンセプトのお店が人気を集めるでしょう。

 

【豊島区の主要な駅の情報】

●駒込駅

1910年11月15日に国鉄山手線の駅として開業した駒込駅。車両編成が増加するたびに駒込駅はホームを東側に建て増し、延伸を繰り返してきました。現在の駒込駅でも、鉄骨材に古いレールを転用している、ホームの途中で屋根の形が変わっているなど、東側に向かって延伸していった痕跡を確認することができます。JR線の電車発車音には地域を象徴する曲として「さくらさくら」が使用されています。

駒込駅の所在地は豊島区駒込2丁目ですが、ホームの一部は北区中里1・2丁目、駅の南口から信号を渡れば文京区本駒込6丁目と駅周辺の行政区域が非常に入り組んでいるのも特徴です。駅周辺には複数の商店街や六義園、染井霊園などの観光スポットがあります。

 

・駒込駅の乗降客数

JR山手線 40,906人
東京メトロ南北線 34,065人

参照:JR東日本「各駅の乗車人員 2022年度」東京メトロ「各駅の乗降人員ランキング」

 

・駒込駅の平均賃料相場年別推移(2021年〜2024年)

2024年 18,004円
2023年 20,318円
2022年 20,484円
2021年 23,070円

参照:飲食店ドットコム「駒込駅の賃料相場情報」(2024年4月現在)

 

・駒込駅周辺の業態別飲食店数

和食 124件
洋食・西洋料理 48件
中華 31件
アジア・エスニック 19件
カレー 18件
焼き肉・ホルモン 17件
居酒屋 78件
ラーメン 27件
カフェ・喫茶店 54件
バー 25件

参照:食べログ(2024年3月現在)

 

歴史が古く、昔ながらの店舗が立ち並ぶ駒込駅周辺には、和食店が多数出店しています。他にも居酒屋やカフェ、洋食など幅広いジャンルの飲食店があり、さまざまな食文化を楽しめます。

 

*駒込駅の詳細な街レポはこちら

 

●池袋駅

池袋駅は新宿・渋谷と並ぶ巨大ターミナル駅です。駅を真上から見ると、中心にJR線が通り、左右を挟むように西武池袋線と東武東上線があり、西武百貨店と東武百貨店の2つのデパートが隣接しています。池袋駅の西口側に東武百貨店と東武のターミナル、東口に西武百貨店と西武のターミナルがあるのが特徴です。

池袋駅前には、東口、西口の2ヵ所にバスターミナルがあります。東口のバスターミナルからは都バス、西口のバスターミナルからは主に国際興業バスが運行。赤羽・浅草・王子・上野公園・東京ドームシティなど都心のあらゆる場所にアクセス可能です。

 

・池袋駅の乗降客数

JR(山手線・埼京線・湘南新宿ライン) 458,791人
東京メトロ(丸の内線・有楽町線・副都心線) 500,694人
東武東上本線 408,382人
西武池袋線 419,228人

参照:JR東日本「各駅の乗車人員 2022年度」 東武鉄道「駅情報(乗降人員)」 西武鉄道「駅別乗降人員 2023年度」 東京メトロ「乗降人員(2023年度一日平均)」

 

・池袋駅周辺の業態別飲食店数

和食 784件
洋食・西洋料理 350件
中華 236件
アジア・エスニック 177件
カレー 77件
焼き肉・ホルモン 151件
居酒屋 873件
ラーメン 140件
カフェ・喫茶店 330件
バー 334件

参照:食べログ(2024年6月現在)

池袋は東京都でも飲食店の出店数が多いエリアです。居酒屋が870件以上とダントツに多く、次いで和食の780件以上です。その他のジャンルも平均的に件数があり、多彩なグルメを楽しめます。

 

・池袋駅の平均賃料相場年別推移(2021年〜2024年)

2024年 30,131円
2023年 30,125円
2022年 30,108円
2021年 29,719円

参照:飲食店ドットコム「池袋駅の賃料相場情報」(2024年6月現在)

 

*池袋駅の詳細な街レポはこちら

 

●椎名町駅

椎名町駅が開業したのは1924年。現在の西武鉄道の前身、武蔵野鉄道が開通した1922年の2年後につくられました。駅名の由来は、近隣の目白エリアにあった旧・椎名町。駅周辺の地名も椎名町と呼ばれる時代がありました。しかし、1948年に帝銀事件の現場として注目されたことをきっかけに町名が忌避され、町名を長崎に変更。椎名町と呼ばれる町名は行政上なくなりましたが、駅名や近隣の学校、商店街では現在も椎名町の名称が使用されています。

駅前には椎名町の名前を残した「椎名町駅前すずらん通り商店街」「椎名町駅前中央通り商店会」などの商店街があり、下町の雰囲気が漂います。また、中高層マンションが並んでおり、閑静な住宅街といった顔ももっています。大きな商業施設などはありませんが、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどの生活に必要なお店の数は多く、さらに池袋の隣駅とあって交通アクセスも良いため、住みやすい街として親しまれています。

 

・椎名町駅の乗降客数

西武池袋線 18,897人

参照:西武鉄道「2023年度 駅別乗降人員」

 

・椎名町駅周辺の業態別飲食店数

和食 63件
洋食・西洋料理 26件
中華 14件
アジア・エスニック 16件
カレー 8件
焼き肉・ホルモン 7件
居酒屋 46件
ラーメン 14件
カフェ・喫茶店 43件
バー 21件

参照:食べログ(2024年6月現在)

椎名町近隣の飲食店は、和食や居酒屋といったジャンルの店舗が多く、次いでカフェの出店が多くみられます。また、バーやスナックなどのお酒を楽しめる店舗も点在しています。

 

・椎名町駅の平均賃料相場年別推移(2021年〜2024年)

2024年 19,834円
2023年 15,907円
2022年 18,771円
2021年 21,410円

参照:飲食店ドットコム「椎名町駅の賃料相場情報」(2024年6月現在)

 

*椎名町駅の詳細な街レポはこちら